利用規約

 

概要

VegaChang( 以下「当社」という)は、その運営するネットショップ(以下「当ショップ」という)の利用規約(以下「本規約」という)を以下の通り定めます。 

第1条(目的)

本規約は当ショップがインターネット上で提供するすべてのサービス(以下、「本サービス」と言う)を利用するにおいて、本ショップと次で定義する利用者(以下「利用者」という)の権利・義務及び責任事項を規定したものです。

※「PC通信、無線などを利用する電子商取引に対してもその性質に比べない限りこの約款を準用します」

第2条 (定義)

①「当ショップ」とは(株)VegaChang が商品を利用者に提供するために、パソコンなどの情報通信設備を通じて商品の取引ができるよう設定したオンライン上の営業場をいい、当ショップを運営する事業者にもなります。

②「利用者」とは、当ショップに接続し本規約に従って、当ショップが提供するサービスを受ける本サービスを利用する全ての方をいいます。

③「会員」とは、当ショップへ個人情報を提供し会員登録を行った者として、当ショップが提供するサービスを継続的に利用可能な者をいいます。

④「非会員」とは、会員登録を行わずに当ショップが提供するサービスを利用する者をいいます。

第3条(約款の同意明示と説明および改定)

①当ショップは本規約の内容と商号及び代表者名、営業場の住所(消費者の不満を処理するところの住所を含む)、電話番号・FAX・メールアドレス、事業者登録番号、通信販売業申告番号、個人情報管理責任者などを、利用者が分かりやすいように、当ショップの初期画面に明記します。ただし、規約の内容は利用者がリンクを通じて見られるようにしてもかまいません。

②当ショップは、利用者が規約に同意する前に、規約に定められている内容中、請約撤回・配送責任・返品条件などのような重要な内容を利用者が分かりやすいように、別途のリンク画面またはポップアップ画面などを通じて明記し、利用者が確認できるようにします。

③当ショップは電子商取引などでの消費者保護に関する法律、規約の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進などに関する法律、訪問販売などに関する法律、消費者保護法などの関連法を違反しない範囲内で本規約を改定することができます。

④当ショップが規約を改定する場合は、適用日及び改定理由を明示し、現行規約と一緒に当ショップの初期画面に、その適用日の7日前から適用日の前日まで公知します。

ただし、規約の内容を利用者に不利に変更する場合は、最小30日以上の事前猶予期間をおいて公知します。この場合、当ショップは、改定前の内容と改定後の内容を明確に比較し利用者が分かりやすいようにします。

⑤当ショップが規約を改定する場合は、その改定規約はその適用日の以降に締結する契約にだけ適用され、その以前にすでに締結した契約については改定前の規約条項が適用されます。ただし、すでに契約を締結した利用者が改定規約条項の適用を希望し、第3項の改定規約の公知期間内に当ショップに送信し当ショップの同意を受ける場合は、改定規約条項が適用されます。

⑥本規約で定められていない事項と本規約の解釈については、電子商取引などでの消費者保護に関する法律、規約の規制などに関する法律、公定取引委員会が定める電子商取引などでの消費者保護指針及び関係法令または商慣習に従います。

第4条(サービスの提供および変更)

①当ショップは次の業務を行います。

  1. 商品に関する情報提供及び売買契約の締結
  2. 購買契約が締結された商品の配送
  3. その他の当ショップが定める業務

②当ショップは商品の品切れまたは技術的仕様の変更などがある場合は、これから締結する契約により、提供する商品の内容を変更することができます。この場合は、変更された商品の内容及び提供日を明示し、現在の商品の内容を掲示したところに直ちに公知します。

③当ショップが提供すると利用者と契約を締結したサービスの内容に、商品の品切れまたは技術的仕様の変更がある場合は、その事由を利用者に通知可能な連絡先へただちに通知します。

④当ショップは、前項により利用者が受けた損害を賠償します。ただし、当ショップの故意または過失ではないということを立証できる場合には、賠償しません。

第5条(サービスの中断)

① 当ショップは、コンピューターなど情報通信設備の補修点検入れ替え及び故障、通信の途絶などの事由が発生した場合にはサービスの提供を一時的に中断することができます。

② 当ショップは、第1項の事由でサービスの提供が一時的に中断したことによって利用者または、第三者が受けた損害に対して賠償します。ただし、当ショップが故意または過失がないことを立証する場合にはそうではありません。

③事業種目の転換、事業の放棄、業社間の統合などの理由でサービスを提供することができなくなる場合には、当ショップは第8条で定めた方法で利用者に通知して、当初当ショップで提示した条件によって消費者に償います。ただし、当ショップが補償基準などを告知しない場合には、通貨価値に相応する現物または現金で利用者に支給します。

第6条(アカウントの管理)

① 利用者は、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやID・パスワード等を含みます)について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。利用者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。

② 当社は、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。

③ 利用者は、登録情報の不正使用によって当社または第三者に損害が生じた場合、当社および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

④ 登録情報の管理は、利用者が自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために利用者が被った一切の不利益および損害に関して、当社は責任を負わないものとします。

⑤ 登録情報が盗用されまたは第三者に利用されていることが判明した場合、利用者は直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第7条(個人情報等の取り扱い)

個人情報及び利用者情報については、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に則り、適正に取り扱うこととします。

第8条(会員に対する通知)

① 当ショップが利用者に対する通知をする場合、利用者が当ショップと事前に約定し指定した電子メールアドレスに通知することができます。

② 当ショップは、不特定多数の利用者に対して通知する場合、1週間以上当ショップの掲示板に掲示することで、個別通知に代えることができます。ただし、会員本人の取引に関連し重大な影響を与える事項については個別通知をします。

第9条(購入申請)

当ショップの利用者は当ショップ上で、次の方法または類似する方法によって購入申請をし、当ショップは、利用者が購入申請するにあたり、次の各内容を容易に分かるよう提供しなければなりません。

  1. 商品等の検索及び選択
  1. 氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス(または携帯電話番号)等の入力
  1. 規約内容、 約款撤回権が制限されるサービス、送料・設置費用などの費用負担と関連した内容の確認
  1. 本規約に同意し、第3号の事項を確認又は拒否(「はい」クリック)
  1. 商品などの注文及びそれに関する確認又は当ショップの確認に対する同意
  1. 決済方法の選択

第10条(契約の成立)

① 当ショップは、第9条のような購入申請に対し、次の各号に該当する場合、承諾しないことがあります。しかし、未成年者と契約を締結する場合には、法廷代理人の同意が得られない場合、未成年者本人または法定代理人が契約を取り消すことができるという内容を公示しなければなりません。

1. 申請内容に虚偽、記載漏れ、誤った表示がある場合

2. その他購入申請に承諾することが、 当ショップの技術上著しく支障があると判断した場合

② 当ショップの承諾が第12条第1項の受取確認通知形態で利用者に到達した時点で契約が成立したものとします。

③ 当ショップ承諾の申請には、利用者の購入申請に対する確認および販売状況、購入申請の訂正・取消等に関する情報等を含む必要があります。

第11条(支払方法)

当ショップで購入した商品に対する代金の支払方法は、次の各号の方法のうち利用可能な方法で行うことができます。しかし、当ショップは、利用者の支払方法について、商品等の代金にどのような名目の手数料も追加徴収することはできません。

1. PayPal

第12条(受信確認通知・購入申請変更および取消)

① 当ショップは、利用者の購入申請がある場合、利用者に受信確認通知をします。

② 受信確認通知を受けた利用者は、意思表示の不一致等がある場合には、受信確認通知を受けた後、ただちに購入申請変更および取消を要請することができ、当ショップは発注前に利用者の要請がある場合には、すぐにその要請に応じて処理しなければなりません。しかし、すでに代金を支払った場合には、第15条の約款撤回等に関する規定に従います。

第13条(商品等の供給)

 ① 当ショップは、利用者と商品等の供給時期に関して、別途約定がない以上、利用者が契約した日から1ヶ月以内に財貨等を配送できるよう注文、包装等、その他必要な措置を取ります。ただし、当ショップがすでに商品等の代金の全部または一部を受け取った場合には、代金の全部または一部を受け取った日から7営業日内に措置を取ります。このとき、当ショップは利用者が商品等の供給手続きおよび進行事項を確認するよう適切な措置を取ります。

② 当ショップは、利用者が購入した商品等について、配送手段、手段別配送費用負担者、手段別配送期間等を明示します。万が一、 当ショップが約定配送期間を超過した場合には、それによる利用者の損害を賠償しなければなりません。しかし、当ショップが故意・過失がないことを立証した場合にはその限りではありません。

第14条(払戻)

当ショップは、利用者が購入申請した商品等が在庫切れ等の事由で引渡または提供ができないときには、遅延することなくその事由を利用者に通知し、事前に財貨等の代金を受けた場合には、代金を受け取った日から7営業日内に返金するか、返金に必要な措置を取ります。

第15条(約款撤回等)

当ショップと商品等の購入に関する契約を締結した利用者の都合による交換・返品は出来ません。

利用者は、商品等の配送を受け取った場合、次の各号に該当する場合には返品および交換することができません。

①手続き期限(3日以内に申請、7日以内に到着)を過ぎた場合 

②返品申し込み無しに返送される場合、返品はお受けできません。

③誤配送および 不良品であっても品のラベル・タグに損傷された場合、もしくは1度でも着用・使用した場合は返品できません。

④返品時、配送受領時のすべての構成品およびおまけ商品を返送してください。

⑤ACC類(シューズ・かばん・アクセサリー)商品

⑥お客様のもとで損傷・変形が生じた場合

第16条(約款撤回等の効果)

① 当ショップは、利用者から商品等を返還された場合、7営業日内にすでに支給した商品等の代金を払戻します。この場合、 当ショップが、利用者に商品等の払戻を遅延したときには、その遅延期間について公正取引委員会が定め告示する遅延利率に乗じて算定した遅延利子を支給します。

② 当ショップは、上記代金の支払において、利用者がクレジットカードまたは電子マネー等の決済手段で財貨等の代金を支払ったときには、ただちに決済手段を提供した事業者に商品等の代金請求の停止または取消を要請します。

③ 約款撤回等の場合、供給を受けた商品等の返還に必要な費用は利用者が負担します。当ショップは、利用者に約款撤回等の理由による違約金または損害賠償を請求しません。ただし、商品等の内容が表示・広告内容と異なる場合や契約内容と異なって履行され約款撤回等をする場合、商品等の返還に必要な費用は、当ショップが負担します。

④利用者が商品等の返還に必要な配送費を負担する場合に、当ショップは約款撤回時、その費用を誰が負担するのか利用者が分かりやすいよう明確に表示します。

第17条(個人情報保護)

① 当ショップは、利用者の情報収集時、購入契約履行に必要最小限の情報を収集します。下記事項を必須事項とし、その他事項は選択事項とします。

1. 氏名

2. 住所(郵便番号含む)

3. 電話番号

4. 電子メールアドレス

② 当ショップが利用者の個別識別が可能な個人情報を収集するときには、必ず当該利用者の同意を求めます。

③ 提供された個人情報は、当該利用者の同意なしに目的以外の利用や第三者へ提供することはできません。またこれに対する全ての責任は、当ショップにあります。しかし次の場合は例外とします。

1. 配送業務上、配送業者に配送に必要な最小限の利用者の情報(氏名、住所、電話番号)を知らせる場合

2. 統計作成、学術研究または市場調査のために必要な場合として、特定個人を識別できない形態で提供する場合

3. 商品等の取引に伴う代金清算のために必要な場合

4. 盗用防止のために本人確認が必要な場合

5.法律の規定または法律により必要な不可避事由がある場合

④ 当ショップが、第2項と第3項により利用者の同意を得なければならない場合には、個人情報管理責任者の身元(所属、氏名および電話番号、その他連絡先)情報の収集目的および利用目的、第三者に対する情報提供関連事項(提供された人、提供目的および提供する情報の内容)等、情報通信網利用促進等に関する法律第22条第2項が規定した事項を事前に明示するか告知する必要があり、利用者はいつでもこの同意を撤回することができます。

⑤利用者はいつでも 当ショップが有する自身の個人情報について閲覧および誤りの訂正を要求でき、当ショップは、これに対しただちに必要な措置を取る義務があります。利用者が誤りの訂正を要求した場合に、当ショップはその誤りを訂正するまで当該個人情報を利用しません。

⑥ 当ショップは、個人情報保護のために管理者を限定し、その数を最小限にし、クレジットカード、銀行口座等を含む利用者の個人情報の紛失、盗難、流出、変造等による利用者の損害に対して全ての責任を負います。

⑦ 当ショップまたはそれから個人情報を提供された第三者は、個人情報の収集目的または提供を受けた目的を達成したときには、当該個人情報をただちに削除します。

第18条(当ショップの義務)

① 当ショップは、法令と本約款が禁止したり公序良俗に反する行為を行わず、本規約が定めるとおり持続的で安定的な商品提供に最善を尽くさなければなりません。

② 当ショップは、利用者が安全にインターネットサービスを利用できるよう、利用者の個人情報(信用情報含む)保護のための保安システムを備えなければなりません。

③ 当ショップが商品や用役に対して「表示・広告の公正化に関する法律」第3条所定の不当な表示広告行為により利用者が損害を被ったときには、これを賠償する責任を負います。

④ 当ショップは利用者が望まない営利目的の広告電子メールを発送しません。

第19条(利用者の義務)

利用者は次の行為をしてはいけません。

1. 申請または変更時、虚偽内容を登録

2. 他人の情報盗用

3. 当ショップに掲示された情報の変更

4. 当ショップが定めた情報以外の情報(コンピュータプログラム等)の送信または掲示

5. 当ショップのほか、第三者の著作権等、私的財産権の侵害

6. 当ショップのほか、第三者の名誉を毀損したり業務を妨害する行為

7. わいせつまたは暴力的なメッセージ、画像、音声、その他公序良俗に反する情報を当ショップに公開または掲示する行為

第20条(連結サイトと被連結サイトとの関係)

①上位当ショップと下位当ショップがハイパーリンク(例:ハイパーリンクの対象には文字、画像及び動画などが含まれる)方式などでリンクされた場合、電子を連結当ショップ(ウェブサイト)と言って後者を非連結当ショップ(ウェブサイト)と言います。

②連結当ショップは、非連結当ショップが独自的に提供する商品等によって利用者と行う取り引きに対して、保証責任を負わないという意味を連結当ショップの初期画面またはリンク時点のポップアップ画面で明示した場合には、その取り引きに対する保証責任を負いません。

第21条(著作権の帰属および利用制限)

① 当ショップが作成した著作物に対する著作権その他財産権は、当ショップに帰属します。

② 利用者は、当ショップの利用により得た情報のうち、当ショップに私的財産権が帰属された情報を、当ショップの事前承諾なしに複製、転送、出版、配布、配送その他方法により営利目的に利用したり、第三者に利用させてはいけません。

③ 当ショップは、約定に基づいて利用者に帰属された著作権を使用する場合、当該利用者に知らせる必要があります。

第22条(紛争解決)

① 当ショップは、利用者が提起する正当な意見やクレームを反映し、その被害を補償処理するために被害補償処理機構を設置・運営します。

② 当ショップは、利用者から提出されるクレーム事項および意見は優先的にその事項を処理します。ただし、迅速な処理が困難な場合には、利用者にその事由と処理日程を通知します。

③当ショップと利用者間に発生した電子商取引紛争と関連して、利用者の被害救済申請がある場合には、公正取引委員会または都道府県知事が依頼する紛争調整機関の調整が可能です。

第23条(裁判権および準拠法)

① 当ショップと利用者間に発生した電子商取引紛争に関する訴訟は、提訴当時の利用者の住所に基づいて、住所がない場合には、居所を管轄する地方裁判所の専属管轄とします。ただし、提訴当時利用者の住所または居所が明らかでない場合や、海外居住者の場合は、民事訴訟法上の管轄裁判所に提起します。

② 当ショップと利用者間に提起された電子商取引訴訟にはヨーロッパ法を適用します。

第24条(当社への連絡方法)

当ショップに関するご連絡・お問い合わせは、当ショップまたは当社が運営するwebサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信または当社が別途指定する方法により行うものとします。

附則(施行日) 本約款は 2020年1月7日より施行します。